#6 ここに注目!見積書で注意して見るところはココ
見出し画像

#6 ここに注目!見積書で注意して見るところはココ

こんにちは、一般社団法人RCAA協会のMrs.ノムラです。
前回#5で、見積書の中の「諸経費の正体」について書きました。

原状回復の見積書の中には、諸経費以外にも注視しなければならいところがあります。
それは、「仮設工事費」という項目です。

なぜ「仮設工事費」に注意しなければならいのでしょう?

仮設工事費の中にあいまいな項目が隠されている?

仮設工事費の中に、「共通仮設費」や「特殊仮設費」という項目が含まれていることがあります。これは何のことかというと、

現場事務所(工事現場でよく見掛ける小屋?のこと)や、養生、足場、現場水道費のことを指します。仮設なので、工事中は必要だけど、工事が終わればなくなるものです。

でも諸経費には現場管理費と一般管理費があるから、
あれ?現場に置かれる事務所だし、現場でかかる水道代ってことは、現場管理費に入ってるんじゃないの?
とすると、現場管理費である諸経費と仮設工事費とまさか重複しているのでは・・?という疑いがおきますね。

そうなんです。そこが注視箇所なのです。

※諸経費についてはコチラ↓↓

「直接仮設」と「共通仮設」の違い
これは直接、工事に関わる仮設なのか、共通する工事に関わる仮設なかの違いであり、その区分けの仕方も見積書を作成する人の気分次第だそうです。

まとめ

現場のことなのに仮設の項目に含まれていては、分かりづらいですね。
諸経費は内訳が書いていないことがほとんどなので、一見わかりません。

重複している可能性もあります。
もちろん全ての見積りがそうというわけではありません。
でも、もしおかしいな?と思ったら見積会社に聞いてみてください。

私の感想ですが…
私も、書くにあたってウチのコンサルに見積書や仮説について説明してもらいましたが、いや、これは本当に難しいなと思いました。頭ごちゃごちゃになるし、普通の人がすぐに見積書を理解するのは厳しいだろうな…と実感しました。

Mrs.ノムラの一句
「見積書  ちょっとおかしい? 仮設項目」

さらに詳しく知りたい場合はコチラ↓↓


この記事が参加している募集

私の仕事

最後まで読んでくれてありがとうございます!これからも情報発信していきますのまた来てくださいねー

読んでいただきありがとうございます!
1000坪以上のグレードビルから10坪の小規模オフィス、店舗等、査定実績3500件以上達成!! オフィス、店舗が退去時の「原状回復」の工事費用をオーナー側と協議、適正な価格で発注できるようクライアントのアドバイザーとして日々戦っています。まずは無料で査定してみませんか。