#5 見積書の「諸経費」の正体~事務員は見た!オフィスの裏話~
見出し画像

#5 見積書の「諸経費」の正体~事務員は見た!オフィスの裏話~

こんにちは、一般社団法人RCAA協会のMrs.ノムラです。

原状回復工事の見積に、「諸経費」という項目があります。
これはいったい何なんでしょう?

詳しい中身は記載されていないし、ぼったくられてない??
なんてつい疑いたくなりますよね・・

では、諸経費とは何を指し、具体的に何が含まれているのでしょう。

諸経費とは? ・・・もしかして工事会社の儲け??

一言でいえば「運営に必要な費用」のことです。
この工事を動かしていくうえでかかる経費のこと。

警備費、安全対策費、通信費、交通費、保険料、ガソリン代、事務所賃料・・・などありますが、見積条件書に記載されていないことがほとんどです。
ー 理事長いわく「特に指定業者は、記載がない」

そして、諸経費は大きく分けて、「現場管理費」「一般管理費」に分かれます。

「現場管理費」は、現場でかかる費用。現場経費ともいいます。
「一般管理費」は、現場以外でかかる費用。工事を管理運営する本社などですね。

諸経費の金額と書き方

諸経費といっても様々含んでいるので、一般的に直接工事の15%程度で算出されることが多いようです。もちろん会社によって違いはあります。
大きい会社になれば規模も大きいのでその分経費も大きくなるということです。

そして、見積書上の諸経費の計上の仕方も、書き方も会社よってさまざまです。
各工事に諸経費を入れていく場合もあれば、工事合計の〇%と入れる場合もあります。

中には、各工事項目に諸経費を加え、さらに工事合計に諸経費を計上しているものもあります。じつは、これは指定業者によく見られます。
「この経費、重複してない・・・?」と思いたくなりますね。

どんな見積であれ、もし疑問があるときは、見積会社に質問するのが一番です!

まとめ

最初に、つい疑いたくなると言いましたが、
諸経費とは、工事をする側が滞りなく運営する、すなわち滞りなく工事をすすめるにあたっての必要経費であるということが分かりました。
ただし、指定業者の場合は要チェックということも分かりました。

諸経費の意味がわかって、疑問に思ったことは聞く!
これで円滑に気持ちよく、納得のいった見積金額を支払うことができますね。

Mrs.ノムラの名言
「わかるとスッキリ 謎の諸経費」

この記事が参加している募集

私の仕事

最後まで読んでくれてありがとうございます!これからも情報発信していきますのまた来てくださいねー

読んでいただきありがとうございます!
1000坪以上のグレードビルから10坪の小規模オフィス、店舗等、査定実績3500件以上達成!! オフィス、店舗が退去時の「原状回復」の工事費用をオーナー側と協議、適正な価格で発注できるようクライアントのアドバイザーとして日々戦っています。まずは無料で査定してみませんか。