実例【1000坪超え大規模オフィスの原状回復】 見逃すな‼原状回復費用に潜むギミック
見出し画像

実例【1000坪超え大規模オフィスの原状回復】 見逃すな‼原状回復費用に潜むギミック

こんにちは、一般社団法人RCAA協会 山田です。
#山田の原状回復  「第1弾 エイベックス・マネジメント(株)」の記事を投稿したところ、原状回復でこまっている企業より多数のご相談、お問い合わせをいただきました。

同じような境遇で頭を抱えている方がたくさんいらっしゃいます。
そんな方々のために、私はnoteを通じてみなさんのお力になりたいです!

今回ご紹介する原状回復事例は、
「第2弾 株式会社MDI」 です。
不動産賃貸業をデジタルシフトしたMDI。
2019年にはファンドで有名な某グループに入り話題となりましたね。

場所は、東京の中心地「銀座」
歌舞伎座タワーの4フロア中3フロアを解約
解約するフロアの面積は・・・なんと約1130坪!!

画像3

※ビルの外観

画像2

※MDI本社

画像3

※さすが歌舞伎座タワー、綺麗ですね!

原状回復費用が3億4870万円!!

MDIはアパート・マンションなどの建築請負をしているので建築の専門知識もあり、原状回復費用がどれくらいになるかは大体予想していました。
しかし、指定業者から提示された原状回復の見積金額はなんと…

3億4870万円!!

高い…高すぎる…
驚きの金額です…💧

MDIが自身で直接交渉したところ…

他拠点のオフィスの解約も進めているMDIは、
原状回復の坪単価が「本社だけ異常に高い!」
そこに気づき、賃貸人側と直接交渉し減額に成功。

が、それでもまだまだ高い!!
そこで、「これ以上の交渉は難しい、専門家に相談しよう」
と判断し、私たちがアドバイザーとして協議に参加させていただくこととなりました。

賃貸内容

所在地 東京都中央区銀座
賃貸面積 全3フロア 1127.34坪
賃借人 株式会社MDI
賃貸人 S株式会社
賃貸人指定業者 S株式会社
賃借人アドバイザー 株式会社スリーエー・コーポレーション
敷金 498,264,000円

あれ?見積に賃貸借契約書と違うものが…

指定業者作成の見積を見たところ、私は照明設備が最新の機器になっていることに気がつきました。

ん?
契約書に書かれている設備に戻す」これが今回の原状回復のはず。
なのに、なぜ照明は最新設備に??

ちょ、まてよっ(一瞬、キムタクの顔に)

私は賃貸人、指定業者に会い、詳細を確認しました。

すると今回の見積は、
「照明は元の品番に戻すのではなく、次の入居者に選んでもらえるように最新設備に変える工事」
とのこと。
(パクパク)・・・開いた口がふさがりません。

賃貸人は私たちがこのことを指摘しなければ、MDIにこの費用を支払わせるつもりだったのです!
明らかな不正に私は驚きました・・・恐るべき賃貸人

賃貸人も指定業者も、みなさんも名前を聞けば誰もが知っている有名企業です。
そんな企業がこんなヒドいことをするのです。
私はアゼンとしました・・・

さらに…指定業者からの嫌がらせ行為!

指定業者は「早く発注しないと事前B工事を開始できない」と言ってきました。

今回の原状回復行程は、
「事前B工事 → C工事(MDI指定業者)→B工事」

事前B工事が開始できない

C工事が開始できない

工事の延期により人員のキャンセル・再手配による損害が発生!

指定業者はこれを見越して圧力をかけてきたのです!

ただの嫌がらせです。
照明の件も含め、わたしの憤りはMAX!!😡

弁護士からの連絡にも応じない不誠実な指定業者、その結末は…

このままのペースで協議が進んでしまうと相手の思うツボ。
私はそう思いMDIに弁護士を通じての協議をご提案、
原状回復に強い弁護士と協業することになりました。

ところが・・・
弁護士から指定業者へ協議依頼の連絡をしても返答ナシ。
(ここにきて、またまた明らかな時間稼ぎです!!)

そこで弁護士から賃貸人に直接連絡し、指定業者が協議に応じない旨を伝えました。

すると、賃貸人もシブシブ承諾することに。

ようやく協議に応じ、最終的には大幅減額で合意することに成功しました!!

クライアントも大変よろこんでくれました ♪
私も本当にうれしい!!やりがいを感じます!

「削減額はどれくらい?削減率は?」詳しく知りたい方はこちら ↓↓
https://xn--8mr88e7wklruwx3a.com/jirei25/

今回の協議を振り返って

前回の記事「【実例】エンターテイナー育成スタジオの原状回復」でもそうでしたが、指定業者も賃貸人側も原状回復費用を減額されないよう、ありとあらゆる手段を使ってプレッシャーをかけてきます。
私もあのプレッシャーはイヤになるぐらいですから、テナント様はもっともっとイヤだと思います。
だから、「もう交渉しないでこのまま発注してしまおう…」
と諦めてしまうケースも少なくありません。


しかし、みなさん待ってください!


どのような状況でも、あきらめる前にまずは我々RCAA協会にご相談ください。
お役にたてることがあるかもしれません。
相談は無料です!


※読みやすくするために、敬称略させていただいております。


最後に・・・
この記事を気に入ってくれた方は「スキ」お願いします♡

この記事が参加している募集

私の仕事

最後まで読んでくれてありがとうございます!これからも情報発信していきますのまた来てくださいねー

読んでいただきありがとうございます!
1000坪以上のグレードビルから10坪の小規模オフィス、店舗等、査定実績3500件以上達成!! オフィス、店舗が退去時の「原状回復」の工事費用をオーナー側と協議、適正な価格で発注できるようクライアントのアドバイザーとして日々戦っています。まずは無料で査定してみませんか。