RCAA

1000坪以上のグレードビルから10坪の小規模オフィス、店舗等、査定実績3500件以上達成!! オフィス、店舗が退去時の「原状回復」の工事費用をオーナー側と協議、適正な価格で発注できるようクライアントのアドバイザーとして日々戦っています。まずは無料で査定してみませんか。

理事長note

RCAA協会理事長 萩原大巳のnoteをまとめたものです。

  • 6本

「契約自由が原則で、明文化してある工事でも無効にできる可能性がある」

RCAA協会でプロボノ活動をやっています理事長の萩原大巳です。 最近クライアントの法務担当者より民法改正で借地借家法における原状回復実務の相談をよく受けるようになりました。 借地借家法においては、不動産投資のサブリース(家賃保証)の問題で世間を騒がせた「かぼちゃの馬車」水戸大家の物件に融資していたスルガ銀行、及びその他銀行の不正融資の問題が記憶に新しいと思います。 ここでは事業用不動産の原状回復の実務はどうなるのかを解説いたします。 法治国家の基本、六法とは?実質的意義

スキ
8

【Newワークプレイス編 オフィス・店舗】 オフィス・店舗の新装で最初に相談すべき専門家は、誰ですか?

オフィス・店舗の引越し、またリニューアルするとき、誰に相談しますか? オフィス・店舗移転フローから考えますと、不動産会社、設計会社、施工会社、設計施工一括(デザインビルド)に相談されることが多いかと思います。しかし、残念ながら日本の不動産、建築においては縦割りの業務で守備範囲が決まっていますので守備範囲以外のことを相談しても専門家ではないので、アドバイスをすることはむずかしいと思います。 スムーズにオフィス・店舗移転を成功するためには 最初にクライアントが相談すべき専門家は

スキ
15

#4 実例【ウソのようなホントの話】理事長萩原大巳のコメント

この実例は、原状回復の業界の中でも、理想と現実の開きがあまりにも大きいケースです。 そのギャップが問題なのです。 なぜ?なぜ?なぜ?と考え検証すると、テナント様が負担しなくてもよい工事が、見積額の実に95%でした。 特に築古の建物は、新しい設備、内装にリニューアルします。そのリニューアル工事をテナント側に押し付けているケースです。 悪意なのか? 原状回復の法律を知らないのか? 管理会社はビルオーナーの言いなりです・・困ったものです。 でも、これが現実なのです。 山田

スキ
11

昭和のオジサンだって言いたい「原状回復・B工事の指定業者って欧米ではあるの?」

原状回復工事や移転先B工事で、工事費の高騰問題が多発してトラブルになるケースが多いのよ。 これは、賃貸借契約書で「指定業者以外の業者での施工不可」が定められているからってわけよ。 じゃ、欧州、米、英では指定業者ってあるのかね? 欧米も指定業者はある? EU圏は、指定業者がないんだよ。 原状回復工事も、入居の時のB工事も指定業者はない。 所有権に基づき、テナント・ビルオーナーともにそれぞれ工事業者を設定するんだな。 厳格な原状回復もない。 退去する際のリニューアル工事は、契

スキ
13