RCAA

1000坪以上のグレードビルから10坪の小規模オフィス、店舗等、査定実績3500件以上達成!! オフィス、店舗が退去時の「原状回復」の工事費用をオーナー側と協議、適正な価格で発注できるようクライアントのアドバイザーとして日々戦っています。まずは無料で査定してみませんか。
固定された記事
+1

RCAAとオフィスのかたち

ついに!「公式Note」はじめちゃいます! はじめまして。 一般社団法人RCAA協会による運営のもとこれからの「オフィスのかたち」がどのように変化していくのか、近い将来…

#5 見積書の「諸経費」の正体~事務員は見た!オフィスの裏話~

こんにちは、一般社団法人RCAA協会のMrs.ノムラです。 原状回復工事の見積に、「諸経費」という項目があります。 これはいったい何なんでしょう? 詳しい中身は記載され…

  • オフィス移転担当者【必見】オフィス・店舗の原状回…
  • オフィス移転担当者【必見】オフィス・店舗のABC…

【Newワークプレイス編 オフィス・店舗】 オフィス・店舗の新装で最初に相談すべき専門家は、誰ですか?

オフィス・店舗の引越し、またリニューアルするとき、誰に相談しますか? オフィス・店舗移転フローから考えますと、不動産会社、設計会社、施工会社、設計施工一括(デザ…

#4 実例【ウソのようなホントの話】理事長萩原大巳のコメント

この実例は、原状回復の業界の中でも、理想と現実の開きがあまりにも大きいケースです。 そのギャップが問題なのです。 なぜ?なぜ?なぜ?と考え検証すると、テナント様…

昭和のオジサンだって言いたい「原状回復・B工事の指定業者って欧米ではあるの?」

原状回復工事や移転先B工事で、工事費の高騰問題が多発してトラブルになるケースが多いのよ。 これは、賃貸借契約書で「指定業者以外の業者での施工不可」が定められてい…

+1

遠慮してたけど、やっぱ言いたい「非弁行為のあれこれ」

「非弁行為」の法律ができた理由は、反社会勢力が債権回収、債務整理を資金源としていたからさ。 その資金源を断つのが目的で、弁護士法第72条が制定されたわけよ。 これ…